今すぐお金を借りる方法

基本的にカードローンやキャッシングは満20歳以上で安定した一定の収入があれば借りられるところが多いのですが、職業によっては「お金を借りやすい方とそうでない方」があったり、また職業によって「借りやすいローンとそうでないローン」とがあったりします。

 

ここでは様々な職業の方ごとに、どのようなお金を借りる方法があるのか、またどのような方法がお金を借りやすいのか、そしてその職業によりお金を借りる際にどんな点に注意が必要なのかといったことなどを解説しています。

 

正社員がお金を借りる

カードローンなどの融資審査の際に金融機関が重視するのは貸したお金をきちんと返してくれる人物かどうか、という点です。それには収入の安定性が非常に重要となってきます。正社員の場合、安定した収入が毎月見込めますからカードローンなどの審査には通りやすいです。

 

ただし正社員といっても一律で同じ評価というわけではなく、やはり上場企業や有名企業のほうが評価が高くなります。注意したいのは勤続年数です。いくら正社員といっても、就職したてや転職したての場合には審査に通るのが厳しい可能性があります。1年以上がベストですが、せめて少なくとも半年以上の勤続年数は欲しいところです。

 

派遣や契約社員がお金を借りる

非正規雇用である派遣や契約社員の場合、やはり職業の安定性ということでいいますと安定した収入が毎月見込める正社員と比べ、属性の評価は低くなります

 

正社員であれば、万が一病気や怪我などで会社を休むことになったとしても、基本給が最低限保証されていますが、非正規雇用の派遣や契約社員の場合にはそうした保証がありません。

 

また正社員であれば同じ職場にこれからも勤め続ける可能性が高く、それゆえ今後も継続して返済を続けていいけるだろうと判断できますが、派遣や契約社員の場合、契約期間がありますのでその保証もありません。そうした理由から、派遣や契約社員の場合には正社員と比べると属性評価が低くなるというわけです。

 

ただし属性の評価が正社員より低いからといってお金を借りられないわけではありません。安定した一定の収入がありある程度の勤続年数があれば十分借りられる可能性はあります。

 

おすすめなのは消費者金融

おすすめなのは銀行カードローンなどと比べて審査が柔軟な消費者金融ですね。少額で短期間の借入なのであれば特におすすめです。金利が高い印象がありますが、少額の借入であれば低金利なカードローンと比べてもさほど利息の差はありませんし、融資スピードが速いので即日融資を希望するという方にもオススメです。

 

高額の借入なら銀行カードローン

年収の3分の1を超えるような高額な借入であれば総量規制対象外である銀行カードローンがいいでしょう。金利も低金利ですから高額で長期な借入になるような方にはおすすめです。しかし、銀行カードローンは審査が厳しい印象がありますよね。確かになかには厳しいところもありますが、比較的柔軟な審査や積極的な融資を行っている銀行カードローンもあります。口コミなどを参照してそうしたところを選ぶようにするといいでしょう。

 

派遣社員は派遣会社の情報を記入する

申込の際には勤務先を記入する欄がありますが、派遣社員の場合、派遣元と実際に働いている場所に違いがありますよね。もし派遣元の連絡先を書いたとして、そこに在籍確認の電話がかかってきても本人はそこにはいませんが、在籍確認の電話は本人が「在籍はしているが不在である」ということの事実確認さえできれば完了なのです。

 

ただ、派遣会社に登録している人の数は非常に多く、また個人情報の観点から電話がかかってきたとしても在籍している事実をかんたんに公表しないところもあります。そのため派遣会社の在籍確認をクリアするには、事前に連絡がくることを伝えておくことです。カードローンなどというのが抵抗があるようでしたら、「クレジットカードを作るのでその在籍確認がある」などと伝えておきましょう。

 

公務員がお金を借りる

公務員がお金を借りるという場合、他の職業の方にはない方法があります。それは共済組合の貸付事業です。ひとくちに共済組合といっても地方職員や国家公務員、公立学校共済などさまざまな種類がありそれによって詳細が異なりますが、代表的な地方職員共済組合についてみてみましょう。

 

地方職員共済組合の融資を受ける

臨時の資金やマイホーム、医療費や結婚、出産などさまざまな種類の貸付け事業があります。

・普通貸付
自動車や家電などを購入するなど臨時の資金を必要とするときの貸付で、限度額200万円、返済期間は120月以内となっています。特筆すべきはその金利で、貸付け金利率はなんと年2.66%となっています。

 

・住宅貸付
住宅を新築、増築、改築し、修理しもしくは購入し乳宅の敷地を取得するため臨時に資金を必要とするときの貸付で、限度額は組合に加入している期間によって上限が決まってきます。返済期間は360月以内で貸付利率は年2.66%です。

 

・医療貸付
組合員又はその被扶養者の療養により資金を必要とするときの貸付で、限度額100万円、返済期間120月以内で金利は年2.66%となります。

 

・葬祭貸付
葬祭により資金を必要とするときの貸付で、限度額200万円、返済期間は120月以内で金利は年2.66%となります。

 

あげたのは一例ですが他にも様々な貸付があり、一般の業者と比べるとかなり有利な金利設定になっています。目的が決まったある程度まとまった額の借入であればまず間違いなくこちらがおすすめですが、日数もかかりますし手軽な借入ではありませんのでその点は注意しましょう。

 

便利なのはやっぱりカードローン

急ぎの借入や手軽な借入の場合、便利なのはやはりカードローンです。公務員であれば属性評価は高いですから、低金利な銀行カードローンを検討するのもいいでしょう。また急ぎの借入であれば審査の速い消費者金融がおすすめです。

 

公務員の場合にはこのように選択肢が多い分、お金を借りる目的やいつまでにお金が必要なのか、そうしたことを加味してどこで借りるのがベストなのかを考えましょう。

 

学生がお金を借りる

学生でもお金を借りることは可能です。学生がお金を借りる場合には次のような方法があります。

 

学生ローンを利用する

学生ローンは学生専用のローンであり、アルバイトなどで収入があり学生証があれば無担保・保証人なしで借りることができるため学生にとって非常に便利なローンです。小規模の貸金業者になりますので借りられる額も学生向けということで限度額は低めです。最高でも50万円程度というところが多くなっています。

 

カードローンなどと同様、一般的に年齢は20歳からのところが多いですが、なかには18歳、19歳など高校卒業後の大学生が利用できるようなところもあります。

 

申込はインターネットからが主流となっており、融資方法は振込または来店となっているケースが多いです。ただし、大手のカードローンのように店舗展開をしているわけではありません。また返済についても振込や来店してATMを利用するなど、コンビニATMで手軽に返済できる大手カードローンなどと比べると利便性は劣ります。

 

キャッシングやカードローンを利用する

一般の消費者金融などのカードローンでも、アルバイトなどで収入があれば学生でも利用が可能なところは多いです。サラリーマンなどと比べますと審査は厳しくなってしまいますが、ネットで手続きが完結するなど利便性の高さは非常に魅力的です。特に大手の消費者金融は融資スピードも速いので、急ぎでお金が必要な方にはおすすめです。

 

銀行カードローンは厳しい?

銀行カードローンは低金利ですし、何より銀行の貸付ということで安心感がありますが、銀行によっては学生不可としているところもあります。申込前に利用条件をしっかりと確認しておきましょう。審査は消費者金融などと比べてさらに厳しくなりますが、口コミをみてみますと借入に成功している学生もいるようです。カードローン選びの際にはこうした口コミも参考にするといいでしょう。

 

主婦がお金を借りる

主婦がお金を借りる場合には、「パートなどで自身に収入のある主婦」の場合と「自身に収入のない専業主婦」の場合とで借りられるところが違ってきます。

 

パートなどで自身に収入のある主婦

パートやアルバイトなどで自身に収入のある主婦の場合には、ご自身の収入によりお金を借りることができます。ただし消費者金融など貸金業者からお金を借りる場合には総量規制がありますので、自身の年収の3分の1までしかお金を借りることができませんから注意してください。

 

カードローンのなかにはパート・アルバイトでも申込ますとしているところはわりとあります。急ぎで借りたいという場合にはやはり大手消費者金融などがおすすめです。WEB完結で誰にも知られずにお金を借りることもできます。

 

また「できれば金利が低いほうがいい」「消費者金融は少し抵抗がある」などという場合には、銀行カードローンという手もあります。銀行カードローンは基本的には審査が厳しいですが、なかには審査が柔軟であったり融資に積極的な銀行もありますのでそうしたところを選ぶようにするといいでしょう。

 

自身に収入のない専業主婦

自身に収入のない専業主婦の方の場合にはほとんどの消費者金融では貸付自体を行っていません。そのため、専業主婦がお金を借りられる可能性があるのは銀行カードローンとなります。配偶者に安定収入があれば、限度額は30万円や50万円までと低めではありますが専業主婦でも借入は可能です。

 

ただしすべての銀行カードローンで専業主婦への貸付が可能なわけではありません。銀行によっては専業主婦NGのところもありますので、利用条件を確認しましょう。

 

女性がお金を借りる

女性がお金を借りる場合、特に初めてお金を借りるという方の場合にはいろいろと抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。申込に際していろいろ相談したいことがある場合でも、電話応対が男性オペレーターだと緊張してしまいいろいろ相談しにくい…なんてこともあるかもしれません。そうした方におすすめなのが、レディースキャッシングです。

 

レディースキャッシング

レディースキャッシングというのは基本的に通常のキャッシングと内容は変わりません。電話対応が女性オペレーターになっているため女性がキャッシング利用をしやすくなっています。レディースキャッシングのサービスを提供しているのはごく一部の消費者金融や銀行カードローンですので希望する方はそうしたサービスを提供しているところを選びましょう。

 

個人事業主がお金を借りる

個人事業主でも安定した収入があれば借入は可能です。ただし、個人事業主の方がお金を借りる場合には、資金使途によって借入可能なところが違ってきます。個人利用の場合と、事業性資金としての借入の場合です。

 

一般の個人向けカードローンを利用

個人向けカードローンの場合には、事業性資金の利用が不可なのものと資金使途がまったく自由なものとがあります。

例えば大手消費者金融のカードローン、プロミスの場合には、フリーキャッシングの資金使途について「生計費に限ります。(ただし、個人事業主の方は、生計費および事業費に限ります)」となっており、個人向け融資の範囲内で事業費としての利用も認められていることがわかります。使途について特に規制がない場合には、限度額の範囲内で事業性資金としての利用も可能と考えていいでしょう。

 

一方で、利用条件に「事業性資金は利用できません」と書かれているところも少なくありません。銀行カードローンはそうした記載をしているところが多いですね。この場合には、個人事業主の利用は可能なものの、事業性資金としては使えず、個人向け利用のみということになります。

 

個人事業主・自営者専用のローン

個人事業主の方が事業性資金としてお金を借りる場合には、大手消費者金融などで用意されている自営者専用のローンを利用するといいでしょう。金利については一般のカードローンと変わらない程度ではありますが、事業性資金としての借入になりますと総量規制の対象外となりますので借入額の法的な規制は受けません。総量規制というのは個人向け貸付に対して規制されるものだからです。